img_02

賃貸の初期費用とはなにか

賃貸物件を探している時に目にするのが敷金、礼金、保証金などです。

これらは初期費用といい、契約した際に事前に支払う必要です。

初期費用には礼金、敷金、敷引き、保証金、前家賃、火災保険、保証料等があります。

賃貸について考えます。

これらすべての費用が発生するわけではなく、地域や物件によって変わります。
初期費用はまとまったお金になるので、賃貸物件入居時の高い出費になり、負担は大きいでしょう。

そのため、どんな費用が掛かるのか事前に確認をしておかなくてはなりません。
礼金は、部屋を貸してくれた大家さんに対して支払う謝礼金です。

戦後に東京で始まった慣習だといいますが、現代にはそぐわない為、礼金は取らない物件が増えています。



また、交渉次第で減額または免除も可能です。

敷金は保証金と同じもので、関東圏では敷金、関西圏では保証金と呼ぶのが一般的です。

家賃を滞納した際の保証や退去時の原状回復のために修繕費用に充てられます。

賃貸に関する特集が満載です。

使わなかった場合は退去時に返還してもらえますが、保証金には敷引きといい、使用の有無にかかわらず一定金額は返還されないというシステムもあります。

敷金や保証金の返還をめぐるトラブルが一番多くなっています。

前家賃は、入居月の家賃です。

家賃は原則前払いなので必要になります。


火災保険は賃貸物件契約時の義務となっているので、支払わなくてはなりません。

その他、賃貸契約には保証人が必要ですが、保証人が見つからない場合は保証会社を利用することできます。

その際は保証料が必要になるでしょう。