img_02

賃貸物件は不動産投資の対象になることもあります

賃貸物件は、住居を探している人からだけではなく、住居を貸したい人からも注目されています。資産運用の投資先としては、株式や債券が有名ですが、賃貸物件を利用した不動産投資も最近は広く行われています。

投資先として物件を使用する場合、マンションやアパートなどの物件を購入し、入居者からの家賃収入を見込むことになります。


また、集合住宅だけではなく、オフィスビルも投資の対象となっている場合があり、オフィスを貸している企業からの賃料が主な収入になります。



賃貸物件を不動産投資に使用する場合、管理費や維持費などが必要です。
見込んでいた家賃収入がなかったとしても、管理費、維持費、固定資産税などは定期的に支払う必要があるので、損失が発生します。

また、入居者を募集するためにも、広告宣伝費が必要なので、利益を得ていない状態でも、大きな費用を支払う必要がある可能性があります。

都市部ではオフィスビルや集合住宅に対する需要は大きく、空室率は低い状態で推移していますが、地方では空室が目立つ建物も多いです。

投資していた賃貸物件を手放す場合、専門の不動産屋に行けば、仲介の手続きをしてくれます。



仲介では時間がかかり過ぎる時には、不動産屋が直接買い取ってくれる時もあります。
資産運用手段としての不動産投資は、長期的な利益につながることもあります。

しかし、賃貸物件を所有する場合、定期的な支払いが必要なので、見込んでいた収入がなかったなら、素早く手放すことが重要です。