img_02

賃貸物件に暮らすことで生活のコストを削減

住宅に対する考え方や価値観が多様化してきており、持ち家志向のある人だけではなく、賃貸住宅を移り住んでいくという生活スタイルを希望する人も増えてきています。
持ち家は古くから「住宅すごろく」のゴール地点として目指す人も多いものでしたが、住宅の維持コストや税金などの観点から、必ずしも経済的な選択とはいえないということも認識が深まりつつあります。

そのためにあえて賃貸住宅を選び、ローコストで快適な生活をおくる人が増えているということには注目するべきでしょう。賃貸住宅のメリットとしては、戸建住宅や分譲マンションなどと異なり、固定資産税を支払う必要が無いという点が大きいものとなります。



また自分で設備の更新や修繕をすることもありませんので、固定出費や維持コストが大きく削減できるために生活に余裕が生まれるということにつながります。


また、引っ越しに関しても簡単で、生活スタイルの変化にも柔軟に対応ができるという点も魅力です。古くなってきたら新築物件への住替えを、収入が減ったら家賃の低い部屋への引っ越しをと、身の丈に合わせた暮らし方ができることや、高額な住宅ローンを抱えることがないという点においても精神的な安心感が得られます。



これからは本格的な人口減少社会を迎えるために、家賃相場も全体的に安定もしくは下落傾向にあると考えられています。



まさに賃貸ライフは時代に合った合理的で賢い暮らし方であると言えるでしょう。