img_02

持ち家にはない賃貸のメリット

賃貸には、持ち家にないメリットがいくつかあります。

持ち家を手に入れるには、最低でも1000万円以上のお金が必要になります。

地方だったら、これより低くなることもありますが、それでもまとまったお金が必要です。

賃貸だったら、引っ越しの費用や敷金、礼金、家賃などを用意すれば、入れるようになります。必要な初期費用は物件によって異なっていますが、多い場合でも100万円程度用意できれば、十分な額になります。

賃貸は、自分の好きなところに住めるメリットもがあります。

例えば、東京に住みたいとします。

東京の場合は、自分の家を買うのは容易ではありません。

かなりの高額になるので、収入が多い人でなければ、不可能です。

しかし、賃貸だったら、持ち家を購入するほどのお金は必要ありません。



古いアパートだったら、家賃が3万円台のところもあります。

そのような金額だったら、ほとんどの人が無理をしないで東京で生活できます。



すぐに引っ越しができるメリットもあります。
持ち家の場合は、簡単に引っ越しはできません。

ローンを払っている途中だったら、特に難しいでしょう。

近所の人とトラブルになった場合も、すぐに引っ越すのは難しい場合があります。

しかし、賃貸だったら、引っ越しは比較的容易です。



新しく住む場所が見つかったら、すぐにその場から引っ越すことができます。

近所の人とのトラブルになっても、新しい土地でそれを忘れて暮らせます。


このように身軽に移動できる良さがあります。