img_02

賃貸物件の家賃の理想的な金額

賃貸物件を借りる時に一番気になるのが家賃です。
安ければ安いほどいいという方もいますが、安すぎると何か問題でもあるのかと不安にもなります。

かと言って家賃が高いと生活を圧迫することになるので、自分の条件で理想的な賃貸料を確認してみましょう。


一般的には家賃は手取りの3分の1がいいと言われていますが、しかし実際に手取りの3分の1を家賃に充てると多くの方が生活が厳しくなる傾向にあるようです。

生活していく中では突然の出費もありますし、贅沢したい時もあるでしょう。



そんな時に収入に見合わない賃貸物件に住むと生活が苦しくなり、素敵な物件なのに生活が質素と惨めな思いをするケースもあります。

それを踏まえると、手取りの4分の1を目安に探すのが賢い選択だとされています。



例えば、月の手取りが22万円なら家賃は4万円~5万円、手取りが30万円なら7万円~7万5千円程度が理想です。

10万円を超える家賃になると手取りは40万円が必要になってきます。
また、家族がいる場合は出費も増えるので年収4分の1より抑えることも考えたほうがいいでしょう。賃貸物件を借りる際には家賃の支払い能力を確認する入居審査もあるため、年収に応じた家賃を選ばないと審査に落ちる可能性もあります。


入居審査は年収に対して判断されます。


目安として、年収400万円なら家賃は110,000円 が上限とされています。



これを変えると審査には通過しにくくなるでしょう。