img_02

これからは賃貸ライフがベストな選択となる可能性

住宅を手に入れるということは昔から多くの日本人の目標でした。

最初は安い木造アパート、そして公営住宅や民間マンションを経て、あこがれの一軒家を郊外のニュータウンに建てるという典型的な住宅すごろくが一般的な価値観として共有されていた時代もありましたが、現在はその価値観も多様化が見られ、必ずしも住宅の購入が目標となっているとは限らない人も増えてきています。
衣食住の3要素の中でも、住宅事情がたいへん遅れていた昭和時代の日本では持ち家へのあこがれが大きいのも理解できますが、比較的コストが安く質の高い賃貸住宅が多く供給されるようになったこの時代において、あえて持ち家にこだわる必然性は薄れてきているといえるでしょう。



そのために、以前の日本であれば議論にすらならなかった「賃貸か購入か」という比較も考察されるようになってきているのです。

賃貸住宅の質が上がってきたことにより生活に対するコストのかけ方も多様化しています。暮らしの場所としての家は、自己所有にこだわらず、都市生活の快適性や身軽さなど、従来の価値観とは異なるメリットに魅力を感じ賃貸ライフを選択する人が増えています。



住宅を購入すると高額なローンを抱えることだけではなく、維持管理費や税金の納入、光熱費の増加なども考慮しなければなりません。



それらのコストがかからない、あるいは安く済ますことのできる賃貸ライフは、生活の本質を楽しみたいという方に適した考え方であるといえるでしょう。