img_02

マイホーム 賃貸と購入の比較

住まいは生活の拠点であると同時に、賃貸の場合は毎月の家賃、購入の場合は住宅ローンの返済など、住居費は生活費の中でも大きな割合を占めています。マイホームを賃貸にするか、購入するかで、どちらがお得という疑問は、古くて新しい問題、正解が出ない問題として長い間、大勢の関心事になっています。
でも、生活の拠点であるマイホームだからこそ、損得だけで選ぶのではなく、自分のライフスタイルに合った暮らし方をすることが大切です。



そこで、賃貸住宅ならではのメリットに注目すると、購入に比べて暮らし替えがしやすいことが特徴です。



一人暮らしから生活を始めて、パートナーとの同居や結婚、子供ができて家族が増えたり、いずれは両親の老化や他界に伴って実家に戻ることもあるかもしれません。


少子化で一人っ子が増えているため、相続で家を遺される確率は高くなっています。



また、働き方の多様化で、終生同じ会社に勤める人が減っているため、勤務先が変わるなども生活拠点を変える要因になります。
そんなときに、機動的に住まいを変えられるのが賃貸生活のメリットです。


敷金や礼金などの初期費用は、地域慣習によって異なりますが、例えば東京近郊では、かつては月額賃料の二カ月分ずつが標準的でしたが、最近では人口減少と、相続税対策の不動産経営、住宅供給の増加による競争で、礼金無しなど、お得な物件の選択肢が増えていることも、賃貸派にとっての追い風になっています。