img_02

賃貸経営で安定的に収入を得る

土地を持っているものの、上手に活かすことが出来ないと毎年固定資産税ばかりが発生し、負担になってしまうものです。

土地を持っていない方でも、将来に不安を持っていて何か安定的に給与以外に安定的な収入があればと考える方は多いものです。

土地を持っている方にとっては、土地の購入費用がかからないので賃貸物件の経営という資産運用の手法は比較的始めやすいものです。



土地を持っていない方も賃貸物件を購入して第二の収入源を確保する方が増えてきています。

賃貸物件を持っているということは、入居者の方がいる限り、安定した収入が毎月発生するということです。仕事のように定年があるわけではなく、退職後も収入を得ることが出来るのは魅力的です。

また、土地を持っていらっしゃる地主の方にとっては毎年かかってくる固定資産税を減らす効果がありますので、多額の税金の支払いに悩んでいる方にとっては税金対策にもなります。

預貯金であれば、現在の銀行利息は僅かなものですので、大きく資産を増やすことが出来ない上に、将来的にインフレが進行してしまうと銀行の預貯金だけでは財産が目減りしてしまう可能性が高まります。


しかし、賃貸物件を持っていると、賃貸収入はインフレの動向に連動して家賃を上げることが出来ますので、インフレの影響を大きく受けにくいという特徴があります。



どのくらいの規模で経営を始めるのかは持っている土地の広さやかけることが出来る初期投資の額によって異なりますのでよく調べてから始めるようにしましょう。